あなたと育てる、百年帯プロジェクト
〜「百人帯」から「百年帯」へ〜

プロジェクトのテーマは

この素朴な帯は、「百人帯」。
百人の手によって績(う)まれた帯を、
私たちのその先へ。
百年先までも伝えていきたい。

私たちは、現代において大変貴重なこの帯を、大切に箱にしまい込んで百年保存する、という考えはありませんでした。
何故なら、もともと大麻の衣服というのは、大衆の野良着であり普段着であったからです。
使い込まれることにより、着心地がよく白くなり、風合いが増していきます。

たくさんの人の手を通しながら、この帯を百年先まで「育てて」いこう。

このようなビジョンをもち、帯レンタル企画がスタートしました。

「育てて」いくプロセスに、価値がある

実はこの企画、「未来に残す、貴重な財産ならではの検証」でもあります。

・大麻の布が百年の歳月に耐え得る素材であること。
・大麻の布が使い込まれるごとに生成りの色が抜け、真っ白になっていくこと。

使い込まれて刻々と変化していく、その記録を取りながら、大麻布の有用性を証明していきます。

このような方に、おすすめです

  • 日本の良き財産、文化を未来に残したい。
  • 日本古来の伝統技術で作られた、大麻布の心地よさを感じてみたい。
  • 世界に一つ、唯一無二の大麻帯を締めて、お出かけしてみたい。

あなたも、この類い稀な「百年帯プロジェクト」に参加してみませんか?
私たちの子孫が、時を超えてまたこの帯を締められたなら・・・
大変素敵な事ですね。

百人帯を、あなたの手で百年帯へ。 

プロジェクト参加者の声

シーン :お茶席にて
参加者様:Nさま

光沢があって柔らかく、すっと手になじむので着やすかったです。洋服感覚で使えそうなので、日々の生活の中で利用したいです。きなりの色がとても美しかったです。

シーン :イベントにて
参加者様:アトリエSUYO 伊藤寿佳子様

柔らかいけどしっかりしていて、気持ちまでシャンとしました。
長時間でも体に馴染んでくれそうでした。
地味に見えるかと思いましたが、帯にしめると生成りの上品なイメージで納まり、どんな柄の着物にも合わせられそうです。

シーン :展示会(葛布と日本の自然布展)にて
参加者様:古代繊産地連絡会事務局長 大井川葛布代表 村井龍彦様

大麻布は古布しかない中で、現代のものといえば、大麻博物館高安館長作の作務衣と、よりひめプロジェクトの帯、2点でした。
このことは未来へ繋がる展示ということで、とても注目を浴びる存在でした。
次は八寸帯、そして、その先には「着るものを!」をぜひ作ってください。
貴方たちにはとても期待しています。がんばってください!

他、たくさんの方々に、ご体感いただいております。

プロジェクト参加方法

お貸出し期間と参加費

◼︎一般のお客様
 2泊3日(お貸出し日~返却日) 12000円(税込)
 4泊5日( 〃       ) 20000円(税込)

◼︎法人、教育機関の皆様
 詳細はご相談によります。お気軽にお問い合わせください。

◼︎よりひめ百人帯プロジェクトに参加された皆様
 参加特典をご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

お申込み方法

貸出し規約をご確認いただき、問い合わせフォームの本文に、必要事項を明記のうえ申し込み下さい。

◼︎貸出し規約
「よりひめ百人帯_貸し出し規約_2017」
 
◼︎必要事項
 ・百人帯プロジェクト参加希望
 ・ご利用希望期間(第3希望まで)
 ・ご参加志望動機
 ・ご利用方法