麻糸産み後継者養成講座
上級・0期生募集!

今春、カリキュラム編成に伴い、上級講座を新設しました。
担当講師は、大麻博物館館長 高安淳一氏です。
これまで「麻打ち」の手技は、麻糸産み講座公認インストラクターへの伝授となっていましたが、麻糸績みを長く続けていく方へも伝授することになりました。
技術だけではなく、その背景を知ることは大切です。
上級講座では、種蒔きから織りまでの工程を、オンライン講座で知ることができます。

「麻打ち」は、経験を重ねていく必要がありますので、上級講座終了後、研究科の技術研鑽に参加することができます。

麻糸産み仲間と、楽しみながら学びましょう!
ご参加をお待ちしています。


オンライン講座大麻繊維に関する、技術工程や背景を深く知る
実技(直伝)麻打ちの技術を習得する
上級者向けの、麻糸績みや工夫を学ぶ

オンライン講座の内容

オンライン講座は、ご自分のペースで、受講することができます。
栃木県(鹿沼)と福島県(会津地方)の、営みの中から培われてきた、知恵と工夫。
その土地ならではの独自性と背景を知ることは、手技への理解も深まります。

栃木県(鹿沼)・大麻の栽培〜繊維の収穫まで
・繊維の加工
福島県(会津地方)・大麻の栽培〜繊維の収穫まで
・繊維の加工
・大麻糸作り
・大麻織り
その他・道具について
・大麻繊維について

実技(直伝)の内容

麻打ちの工程を、伝授します。
中級講座(手がらみ、麻裂き)の前工程になります。
大麻草が生きていた時に持っていた構造を目覚めさせる、大切な技術を学びます。
打麻(大麻繊維)100gほど、お持ち帰りいただけます。
精麻から、一連の工程を経て、糸作りが出来るようになります。

上級者向けの、麻糸績みや工夫を学びます。

サポート・特典

・受講期間中は、専用のグループ内でフォローします。
・実技日は、大麻栽培に関わる貴重な映像を鑑賞予定です。
 打麻(大麻繊維)100gほど、お持ち帰りいただけます。
・受講後は、研究科で開催する技術研鑽に参加することができます。

講座概要

日程◼︎オンライン講座
2019年6月~11月(月1回配信)
オンライングループ内でのフォロー含む
(チャットワークを使用予定)

◼︎実技(直伝)
1日目:2019年7月31日(水)12時~16時
2日目:2019年8月  1日(木)10時~16時
実技会場レンタルハウス「モリモトハウス」
東京都中央区日本橋人形町2-13-11 1F
定員10名(4名様以上で開催)
参加資格麻糸産み後継者養成講座
中級(旧アドバンス)修了生
受講料100000円+税
(*0期特別価格となります)

担当講師

大麻博物館館長 高安淳一氏

1963年 栃木県大田原市出生
2001年 栃木県那須に大麻博物館開館
幼少時より興味のあった大麻について調べ続け、2001年施設の大麻博物館を開館。
日本人の営みを昔から支えてきた農作物としての大麻の情報収集や発信を行うかたわら、各地で大麻の繊維を使ったワークショップや講演を行なっている。
絶滅の危機にある日本人と大麻の繋がりを伝え、他国に比べ独自に発展してきた大麻の技術保全と次世代への継承・発展を目指している。

主催

一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会

キャンセルポリシー

  • お申込みに際し、ご入金後のご返金はいたしかねますので予めご了承ください。
  • お申込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、メールにてご連絡ください。
  • 主催者都合による開催中止の際は、全額返金致します。
  • 受講の権利は、第三者への譲渡はできません。

お申込み方法

件名「上級講座申込み」と明記の上、お申込み下さい。
折り返し、詳細をご案内いたします。

*お申込みの受付締切は、5月19日(日)です。