よりひめインタビュー Mさん

麻糸績み技能者「よりひめ」にインタビューをしました

Mさん No.30

1.麻糸績みをはじめるきっかけは、どんなことだったでしょう。

麻糸績みWSに参加して。

ひたすらに糸の美しさを求める作業に魅力を感じました。

 

2.糸績みを始めての変化はありましたか?

人に会う機会や、学ぶ機会をいただき、自分のやりたいこと、今後の生き方などを考えるきっかけになりました。

 

3.作った糸をどのように活用していますか?

縫い糸に活用しています。

何か作品につながることをしていないので、今後は、自分の績んだ糸で機織りにも挑戦しようと考えています。

継続的に、着尺を織り続けるのが私の夢です。

 

4.糸の使い心地はいかがでしょう。

縫い糸としての使い心地は、その時々で変わります。

無撚りだったり、強く撚りをかけたり、それだけで糸の強さや柔らかさだけでなく、輝きも変わるのが何とも言えません。

そして、それを感じるたびに、糸を作るだけでなく、織ることや身に着けること、その先のことを考えた麻績みの大切さを考えさせられます。

 

5.現代の暮らしの中で、糸績みの時間をどのように捻出していますか?

私にとっては、麻績みは日常生活の一部になっているので、時間を捻出している感覚がありません。

強いて挙げるのであれば、一日の締めくくりに、パートナーと語らうときなどに行っています。

時間を確保しなくては!というプレッシャーがなくできるのは、その姿を、好きと言って見ていてくれるパートナーのおかげかもしれません。

 

6.よりひめであることの、モチベーションは何でしょう。

自分の歓びを追求できること。

 

7.どんな糸績みをしたいですか?

楽しいや嬉しいを感じながらの麻績みをしたいです。

仲間と語らいながらでもよいと思いますし、もくもくと一人で向き合うもよいと思います。

ただ、その中に、安らぎがあってほしいと思っています。