大麻着尺、完成しました!

9月に入り、織り上がった大麻布(着尺)を、
正式に受け取りに工房へ伺いました。

織り体験で織った部分の目飛びが多く、
整えるのに時間がかかったと説明がありました。
初心者にはよくあることで、踏み木の踏みが甘いと、
このような状況になる場合もあるそうです。

完璧に整えることはできなかったそうですが、
ご無理のない範囲で「完成」とし、受け取りました。

たくさんの時間と労力、技術指導をいただき、
本当に、ありがとうございました!!
プロジェクトメンバー、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

次回は、「日本民藝館展へ初出品」についてご案内いたします。