麻糸作りの工程2(麻打ち)

第2回・技術研磨
日時:2018年6月24日(日)
場所:北品川二丁目町会会館(東京都)

技術研鑽の内容

今回も昨年に引き続き、糸作りの工程の中の、「麻打ち(あさぶち)」を行いました。
ただいま進行中の「大麻布新生プロジェクト」と連携しての技術研鑽会となりました。
よりひめ3名、見学参加いただきました。

今回の大きなポイントは、大麻博物館高安館長より仕入れた、大変貴重な「精麻」です。
現在、精麻に加工する「麻引き」という工程は、機械を使うことが主となっておりますが、手引きの、しかも1本引き、を使いました。

通常、流通している精麻1枚は、茎3~4本から作られ、正式には「1さっぱ」と呼ばれています。
それが今回、1本の茎から手引きで、1さっぱ・・・!!
その手間と技術を想像するだけで、現代においては贅沢で貴重な精麻であることが分かります。

精麻の状態ですでに、うっとり艶やかに、今までに見たことのない輝きを放っていましたが、この精麻から麻打ちした繊維から、裂いて糸を績み、布へと形にしてゆきます。

見学会に参加して・よりひめの感想

現代の教育的なお勉強方法に、拒否反応が出る私にとって、ただ見るだけの見勉強が出来たこと、ありがたかったです。昔ながらの、その場にいて自然と学んでいける形はいいな、と思いました。
宮城県唯一の麻栽培している千葉まつ江さんより、
「おばあさん(千葉あやのさん)の麻ぶち作業の時の麻は、ピーンとのびてたんだよ」とお話を伺ったばかりでした。あやのさんの麻打ちは、どんなんだったんだろうな~と思いを馳せていました。
(よりひめ4番・山本京子)

初めて麻打ちの工程を見て、温度や感覚がいかに大事かが分かりました。
まるで「肉じゃがの味付け、今日はお醤油2周!」みたいな、麻の量、状態などを見て、感覚で作業を進めているところに感激しました。
手で触って麻の状態の判断が必要になるので、インストラクター以上など、麻を触り続けた人じゃないと伝授いただけない(教わっても同じ様に出来ない)理由を知った感じでした。
アドバンス講座で習得する「手がらみ」以上に、一度聞いただけではサッパリ身に付かないので、また機会があれば参加したいです。
(よりひめ25番・伊藤久美子)

ピーんと伸びた精麻が、どのような工程で、ふわっふわの麻になるんだろうと、興味津々でした。
見学させていただいて痛感したのは、麻糸績みも同様なのですが、手順どおりに行えばできるというものではなく、精麻のコンディションや、作業する環境によって少しずつ調整が必要で、繊細かつ、体力もいる作業なのだなと実感しました。全体の流れを見学できたことは、大変勉強になりました。打った麻が美しくて、おかわり(プロジェクト用の打ち麻として)をいただいてしまいました!
(よりひめ23番・にのみやりえこ)

今後の予定

次回の技術研鑽は、「大麻布新生プロジェクト」と連携して、
糸車や紡錘車を使っての、紡ぐ(糸の撚りかけ)を行う予定です。