麻糸作りの工程(麻打ち)

麻打ち後の麻を乾燥させます

第1回・技術研磨
日時:2017年11月26日(日)
場所:御嶽山神社内 御嶽会館(東京都)

技術研鑽の内容

今回は、糸作りの工程の中の、「麻打ち(あさぶち)」を行いました。
簡単な説明ではありますが、布になるまでは、以下のような流れになります。
(精麻から)

精麻→麻打ち→手がらみ→麻裂き→糸績み(いとうみ)→
撚りをかける→織りの工程→大麻布→晒し

※地方によって工程の名称や、やり方は違います。
それぞれの地域で育まれた独自の文化があるからです。

当会では現在、栃木県産の精麻を使用し、会津地方の技術を研鑽しています。
精麻の質と麻打ちは、その先の工程に大きく影響します。
一度習得して覚えられるようなものでもなく、
研鑽を重ねる必要がある重要な工程のひとつです。
また、この技術研鑽は、
新プロジェクト「日本古来の大麻文化継承プログラム」と連動しています。

今後の予定

継承には、知識(資料など)、技術(人の手から手へと)、
環境などを整えていく必要がありますが、現時点では以下の内容を進めています。

・会津地方のおばあちゃんの種まきから布まで、一連の技術工程のまとめ。
(大麻博物館高安館長よりご提供いただいております)
こちらは、まとまり次第、書籍や当会オリジナルの講座などで形にしていきます。

・会津地方の技術研鑽と研究

時間はかかりますが、コツコツ進めていきます。
次回の技術研鑽は、来年(前半)を予定しています。

麻打ちの様子