よりひめ について

 

よりひめとは

 

 

なぜ今、「よりひめ認定」制度が必要なのでしょうか?

その背景と、麻糸績み技能者「よりひめ」の存在意義を、「よりひめ認定」の基準を定めた、大麻繊維研究家で大麻博物館の高安淳一館長に伺いました。

 

現在、国内で大麻繊維を生産している農家さんは激減しており、生産された精麻の全てが糸づくりに適した繊維として使用できるとは限りません。

このように今では、大変貴重な繊維となっている現状と、現代の暮らしの中で、糸を績み続けることの難しさが交差しています。

 

2013年春、絶滅寸前の技術継承と産業の復活を目的に「よりひめ認定」制度が発足しました。

その方の自由意志を尊重する中で、一定の技術水準に達し認定され、

よりひめの活動主旨にご賛同いただいた方は、麻糸績み技能者「よりひめ」として活動しています。

 

 

麻糸績み技能者「よりひめ」は、個々の暮らしの中で糸績みや創作を楽しみながら、績んだ糸を「よりひめ®️」として販売(流通復活への協力)や、「よりひめプロジェクト」への参加によって、日本の伝統文化継承に貢献しています。

 

 

 

「よりひめ認定」制度について
 大麻博物館館長 高安淳一(栃木県那須町)

pdf 「よりひめ認定」制度について.pdf (0.16MB)

 

 

 

 

 

一般社団法人日本古来の大麻を継承する会は、「よりひめ」の活動をして、日本古来の叡智と、今ある績み手の中の真実を統合し、子どもたちの未来へ繋いでゆく、確実に次世代に継承する、という意志を持った会です。

今の時代にあった流通システムの復活や、それにともなう需要拡大などの可能性を広げ、麻糸績み技能者「よりひめ」を中心に、新しい継承のかたちを創造してゆきます。

 

私たちは、このような継承活動に共感し、継承する意志のある方、共に績み続けてゆく仲間、応援してくださる方々を求めています。

 

 

 

 手の写真.jpg

 

 

よりひめ について

「よりひめ認定」制度

 

 絶滅寸前の技術継承と産業の復活を目的に、日本古来の大麻の糸績みに関して定めた技術水準により、技能を認めること
(2013年春、発足)

 

麻糸績み技能者「よりひめ」

 

「よりひめ認定」制度により認定され、よりひめの活動主旨にご賛同いただき、当会に登録した方

 

国産大麻100%手績み糸
「よりひめ®️」

 

 麻糸績み技能者「よりひめ」が績んだ糸を流通販売している商品名

(登録商標)

 

「よりひめプロジェクト」

 

 麻糸績み技能者「よりひめ」を中心とした活動

 

 

 

 

 

 

 

「よりひめ認定」と、麻糸績み技能者「よりひめ」について

 

「よりひめ認定」

 

 みなさまの技術的な面での自信につながることを目的に、「よりひめ認定」を行なっています。

 ご希望の方は、麻糸績み技能者「よりひめ」認定者が開催する、麻糸産みサークル内で、お声掛け下さい。

 

*麻糸産みサークルへのご参加は、基礎講座及びアドバンス講座の受講が必須となります。

 

麻糸績み技能者
「よりひめ」認定者
(2017.2.6現在)

 

 大麻博物館館長 高安淳一 

 麻糸産み講座公認インストラクター 佐々木真紀

 麻糸産み講座公認インストラクター 田坂 京子

 

麻糸績み技能者

「よりひめ」

 

 一定の技術水準に達し認定された後、よりひめの活動主旨にご賛同いただいた方は、
 麻糸績み技能者「よりひめ」として活動することが
可能です。

 

*基礎講座、アドバンス講座及び、麻糸産みサークル5回以上の受講が必須となります。(詳細はお問い合わせ下さい)
*認定後、当会担当者より「よりひめの活動意義」をご説明し、
最終的な意思確認を行います。
 その後、当会への登録(同意書にご署名いただくなどの手続き)を完了された方のみ、
 麻糸績み技能者「よりひめ」として、活動を開始できます。

 

 

 

 

 

  2017年2月6日

一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会